このページの先頭です

ハゲの遺伝は科学的に証明されているのか?

119views

投稿日:

よく、ハゲは遺伝すると言われます。

そのため、自分の父親がハゲていると、「将来自分もこんなふうになるのかなぁ…」なんて漠然とした不安を抱えることもあるでしょう。

ハゲの遺伝子は、科学的に証明されているのでしょうか。

自分の傾向や対策を知るためにも、ハゲの遺伝子を持っているかはとても気になるところ。

ハゲと遺伝について、説明していきます。

 

AGAの発症リスクは遺伝で決まる

AGAと遺伝

まず始めに言っておくと、ハゲの原因の大半を占めているAGA(男性型脱毛症)の発症リスク、発症のしやすさは遺伝的な要素が強いことが研究で明らかにされています。

 

AGAを発症する仕組み

そもそもAGAというのは、男性ホルモンの影響による脱毛症のことです。

男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結び付いてジヒドロテストステロンになり、このジヒドロテストステロンを男性ホルモン受容体(アンドロゲンリセプター)がキャッチしてTGF-βというタンパク質を作り出すことで脱毛が起こります。

このことからも分かるように、AGAを発症するためには

  1. ジヒドロテストステロンを作る
  2. アンドロゲンリセプターがキャッチする

という2つの行程が必要。

この2つの行程を及ぼす要因が、遺伝で決まると言われているのです。

 

①ジヒドロテストステロンを作りやすい遺伝子について

テストステロンは男性ホルモンであるため、男性ならば一定量は分泌されています。

男性らしい体つきなどを象徴するためのホルモンですから、男性が健康に過ごすためにも欠かせないものといえるでしょう。

すべてのテストステロンがジヒドロテストステロンに変化するわけではありません。

ジヒドロテストステロンになるためには、5αリダクターゼという酵素が必要になります。

この、5αリダクターゼの量やテストステロンとの結び付きやすさに関する遺伝子というのがあるのですが、実はこれは優性遺伝。

つまり、父母のどちらからも優性的に受け継いでしまうのです。

父親がハゲていなくても、この遺伝子を持っている可能性はありますし、母親もこの遺伝子を持っている可能性は十分にあります。

身内にハゲの人(AGAの人)がいるなら、あなたも「5αリダクターゼが多い」「テストステロンと結び付きやすい」遺伝子を受け継いでしまっているかもしれません。

 

②アンドロゲンリセプターがキャッチしやすい遺伝子について

続いて、アンドロゲンリセプターの感受性が高い(ジヒドロテストステロンをキャッチしやすい)かどうかについて。

ジヒドロテストステロンがたくさん作られたとしても、アンドロゲンリセプターがキャッチしなければAGAになることはありません。

こちらのアンドロゲンリセプターの感受性に関する遺伝子は、性染色体のうちX染色体のみに存在することが分かっています。

学生の頃、生物の授業で遺伝について勉強しましたよね?

人は父親と母親から染色体を1つずつもらって作られるのですが、このうち性別を決めるものが性染色体。

X染色体とY染色体です。

XYなら男、XXなら女になるわけですが、男性の場合、X染色体は母親から、Y染色体は父親からのものになります。

男性が受け継ぐX染色体は母親譲りのものですが、では母親のX染色体はどうでしょう。

母親のX染色体は父親と母親のどちらからも受け継いでいるので、はっきりと「どちらの」とは言えません。

ここではっきりと言えるのは、あなたのX染色体、つまりあなたのアンドロゲンリセプターの感受性に関する遺伝子は、母親側から受け継いだものである、ということ。

母方の祖父を始め、母親の親戚などにAGAの人がいるとしたら、あなたもその遺伝子を受け継いでいる可能性が高いです。

女性は男性のようにはAGAを発症しないので、つい母親側ではなく父親の頭を見てしまいますが、本当に見るべきなのは母方の祖父や親戚だったのですね。

5αリダクターゼが多くテストステロンと結び付きやすい遺伝子、そしてアンドロゲンリセプターの感受性が高い遺伝子の両方を受け継いでいるとすれば、あなたもAGAを発症する可能性はかなり高いと言えるでしょう。

 

親がAGA=必ずハゲるとは限らない

ハゲのリスク

確かにAGAの発症は遺伝的な要素が強いです。

そのため、身内にAGAの人がいるなら、あなた自身がAGAを発症するリスクもかなり高くなります。

 

しかし、必ずハゲるとは限りません。

兄弟でもハゲる人とハゲない人がいるように、絶対ではないのです。

あくまでも「AGAを発症するリスク」が分かるということ。

母方の祖父がハゲているから自分も将来ハゲる…なんて、漠然と落ち込む必要はありません。

自分がAGAに関係する遺伝子を持っているかどうかは、AGA専門クリニックで検査をしたり、自宅でできる検査キットを使うことで調べることができます。

クリニックでの検査は約20,000円、検査キットは約12,000円ほど。

AGAの発症しやすさという体質を受け継ぐだけなので、

  • 後天的なケア
  • 生活習慣の改善
  • 早期治療

などによって、ハゲを食い止めることも可能です。

逆に遺伝子を持っていないとしても、ストレスや不摂生などが原因でハゲる可能性は十分にあります。

確かに遺伝的な要素が強いAGAですが、その後の考えや対策次第でどうにでとなる、ということを覚えておきましょう。

 

ハゲは遺伝するのか?について:まとめ

AGAの対策方法

ハゲの遺伝は科学的に証明されているのか、AGAの遺伝についてお話ししました。

ハゲの遺伝は科学的にも証明されてはいるものの、だからといって100%ハゲると言えるわけではありません。

とはいえ、遺伝子を持っている人はハゲやすいことに変わりはないので、早いうちから適切な対策をしていきましょう。

AGAの症状が出てからではなく、症状が出る前から対策をしていくことが大切です。