このページの先頭です

「髪年齢」って何?どうやって調べるの?

88views

投稿日:

私たちは実際の年齢の他に、健康や美容の目的で様々な「年齢」という言葉を用いています。

たとえば「血管年齢」とか、「肌年齢」という言葉を聞いたことがあるでしょう?

これらは、厳密に何歳という年齢が分かるわけではなく、あくまでも「実年齢との差」を健康や美容の目安にしているわけです。

人は誰でも、歳を取れば衰えていくもの。

健康に過ごすため、美しさを保つためには「若いほうがいい」と本能的にわかっているのでしょう。

血管年齢も肌年齢も、実年齢よりも若いほど良い結果としてとらえられています。

さて、そんな美容の目安となる年齢に、髪年齢というものがあります。

肌年齢と同様、髪でもその人の年齢が分かるというのです。

ここでは、そんな「髪年齢」に注目してみましょう。

髪年齢とは何なのか?、また、髪年齢の調べ方についても紹介していきますよ!

 

髪年齢って何ですか?

髪年齢とは

髪年齢というのは、先ほども少しお話ししたように、目安として使われている言葉です。

髪の毛を調べたらその人が何歳か分かる、というものではありません。

しかし、髪の毛もお肌と同様、年齢とともに変化していきます。

どんなにケアをしていても、50歳の人が10代の肌を保ち続けることなどできません。

髪の毛も同じなのです。

女性の場合、30代頃から徐々に髪の毛の悩みが増え始め、40代になると女性ホルモンの影響も受けてそのスピードはさらに早くなります。

若い頃にはなかった、

  • 髪の毛のうねり
  • ぱさつき
  • まとまりにくさ

などを感じていませんか?

年齢を重ねるごとに仕方がないとはいえ、女性なら誰でもキレイな髪の毛でいたいと思うもの。

髪は女性の美しさを引き立てますし、第一印象にも左右する重要なパーツですからね。

実際、とあるアンケートで男性に

「女性の髪の毛に年齢が出ると思いますか?」

と聞いたところ、35%の人がイエスと答えたそうです。

男性も、女性の髪の毛をチェックしているんですね!

髪年齢は、主に

  • 髪の毛のツヤ
  • うねり具合
  • 抜け毛の量
  • パサつき
  • 静電気が起こりやすいか

などの観点から見ていきます。

見た目的なもので、年相応かどうかを判断していくのです。

もしも髪年齢が実年齢よりも上だったとしても、諦めないでください!

髪年齢を保つ、もしくは若返らせることは、日々のケアで可能なんですよ。

 

髪年齢を保つ、若返らせる方法

髪年齢を若返らせたいというのは、つまり今よりも髪の毛をキレイな状態にしたいということですよね?

髪の毛は、お手入れをすればするほどきちんと答えてくれるもの。

日々のケアや習慣をほんの少し見直すことで、髪年齢を若返らせることができますよ!

  • シャンプーを変える
  • 保湿をする
  • 食生活を改善する

まずシャンプーは、洗浄力のおだやかなアミノ酸系洗浄成分を使ったものにしましょう。

ドラッグストアなどで買える安価なシャンプーは、洗浄力が強すぎて頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまいます。

アミノ酸系シャンプーは現時点ではもっとも頭皮への負担が少なく、安全だと言われているんですよ。

そして、髪年齢を若返らせるために欠かせないのが髪の毛への保湿です。

普段、スキンケアはしていても、頭皮ケアや髪の毛のケアを必ずしているという人は意外にも少ないもの。

しっかりと毎日ケアをする癖をつけましょう。

髪の毛がパサつく、うねるなど髪年齢を上にしてしまう要因の多くは、髪の毛の水分不足。

いわゆるダメージヘアというやつです。

トリートメントやヘアパックを毎日行い、ドライヤーで乾かしたあとはヘアオイルで保湿をしてあげましょう。

クリームタイプのアウトバストリートメントよりも、オイルタイプのほうがダメージヘアに向いていますよ。

また、食生活を見直すことも重要。

きちんと栄養をとらないと、髪の毛にまで栄養が行き渡らなくなってしまいます。

これらのことを毎日行えば、2~3ヶ月ほどで髪の毛の変化を実感できることでしょう。

 

髪年齢の調べ方(測定)とは

髪年齢の調べ方

では、実際に髪年齢が何歳なのか知りたいと思ったとき、どうすればいいのでしょうか。

厳密には、髪年齢を測定する方法というのは決まっていません。

肌年齢を測定するときに、お肌の水分量などを測定しますが、髪年齢に関しては特に「水分量を調べる」「脂質量を調べる」ということがないのです。

つまり、測定をして何歳とはっきり出るものではない、ということ。

あくまでも見た目で判断して、「同年代と比べて上か下か」の目安にするわけです。

インターネットで調べていたら、髪年齢を実年齢よりも上にしてしまうチェック表というのがありました。

 

  • 静電気が起こりやすい
  • スタイリングがうまくきまらない
  • 常にパサつく
  • コシがなくなってきた
  • 頭皮が硬くなった気がする
  • うねりが増えた
  • 抜け毛が増えた
  • 枕に細い髪の毛がついている
  • 枝毛や切れ毛が気になる
  • 生乾きのまま寝ることが多い
  • 寝るのは大抵0時過ぎ
  • 首や肩が凝りやすい
  • タバコを吸う

 

これらの項目で当てはまるものが多ければ多いほど、髪年齢が実年齢を上回っている可能性が高いそうです。

もしも「たくさん当てはまるものがある…」という人は、ぜひ先ほどの項目で紹介したケアをしてみてください!

髪年齢を保つには、日々のケアが欠かせません。

 

髪年齢について:まとめ

髪年齢と毎日のケア

髪年齢について、紹介しました。

髪年齢は女性の見た目を左右する大きな要因となるもので、日々のケアの集大成ともいえるもの。

どんなケアをしてきたか、そしてこれからどんなケアをするかで髪年齢は変わります。

若々しくてキレイな髪の毛を保つためにも、日々のケアを欠かさないでくださいね!