このページの先頭です

市販のシャンプーはどうして危険なのか

136views

投稿日:

シャンプーのような毎日使う消耗品は、できるだけお金をかけずに安いものを買うという人もいるでしょう。

メーカーなどにこだわりもなく、特売の時に買うという人もいるかもしれませんね。

しかしここ数年、「市販のシャンプーは危険だ」という認識が広まりつつあります。

とはいうものの、

「普通に売られているんだから、そこまで危険ってことはないんじゃない?」

「市販のシャンプーの何が危険なの?」

と思っている人がいるのも事実。

確かに、本当に危険性が認められているなら、市販されているはずがありません。

なぜ市販のシャンプーが危険だと言われているのか、その理由についてまとめてみました。

 

市販のシャンプーの危険性とは

市販シャンプーの危険性

市販のシャンプーが危険だと言われる最大の理由は、使われている洗浄成分にあります。

市販のシャンプーのほとんどは、高級アルコール系と呼ばれる洗浄成分を使用。

ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Naなどと記載のあるものは、高級アルコール系洗浄成分になります。

硫酸とつく洗浄成分はとても洗浄力が強く、そのパワーは食器用洗剤並み。

つまり、極端な話をするなら、市販のシャンプーを使っている人は、食器用洗剤で髪の毛を洗っているのと同じなのです。

特にラウリル硫酸Naは、皮膚の刺激性に関して、明らかに強い刺激性を示すデータがあるほど。

最近ではラウリル硫酸Naを使ったシャンプーはほとんどなくなりましたが、ラウレス硫酸Naも「ラウリルよりはマシ」というだけのレベルであり、洗浄力が強すぎることに変わりはありません。

このような洗浄力が強すぎるシャンプーを使い続けると、どんなことが起こるのでしょうか。

  • 頭皮が乾燥する
  • 皮脂や潤い成分を取りすぎてしまう
  • フケやかゆみ
  • 抜け毛

といった、あらゆる頭皮トラブルを招く危険性があるのです。

泡立ちが良くてさっぱりとし、そのうえ安く買えるなんて嬉しい!と思うかもしれませんが、その裏には「頭皮トラブルの危険性」が潜んでいることを忘れずに。

また、市販のシャンプーの危険性は洗浄成分だけではありません。

他にも、危険な成分が含まれているものもあります。

たとえば、

  • エデト酸塩
  • ジブチルヒドロキシトルエン(BHT)

などがそう。

エデト酸塩は皮膚刺激による発疹、ぜんそくの悪化など、BHTは動物実験において脱毛や無眼症などが認められました。

どちらも、カラダに悪影響を及ぼす可能性がある成分です。

市販のシャンプーは、「安さ」を第一に考え、その次は「香りや泡立ち」、もしくは「パッケージなどの見た目」であり、品質や頭皮への影響は二の次。

使いやすくて香りもよく、なおかつ安いシャンプーが市場では求められているため、本当に頭皮や髪の毛のことを第一に考えるのなら、市販のシャンプーは危険と言わざるを得ないのです。

 

シリコンシャンプーの危険性とは

シリコンシャンプーの危険性

では続いて、市販のシャンプーの多くに使われている、シリコンについて見ていきます。

シリコンについては様々な意見が飛び交っていますが、ここでの結論は「あえて使わなくてもいい」というもの。

そもそもシリコンには、

  • キューティクルを保護して髪の毛をつやつやにする
  • 髪の毛をさらさらにする

など、「手触りの良さ」を維持するために使われています。

特に女性は髪の毛の触り心地は重要と考えますから、そういう意味ではシリコンは悪者ではありません。

しかし、シリコンは髪の毛をコーティングし、頭皮に蓄積することで毛穴を覆ってしまいます。

もちろんシリコンの成分がまったく残らないほどすすぎができていればいいのですが、シリコンはキューティクルを保護するためにコーティングされますから、すべてを流しきるのは無理でしょう。

そうして少しずつ残ったシリコンが頭皮に蓄積し、内側の古いシリコンから酸化していきます。

酸化したシリコンはタンパク質を溶かす性質があるため、髪の毛は中身が空洞化してシリコンだけの状態に…。

これでは手触り云々の問題以前に、スカスカのダメージヘアになってしまうわけです。

傷んだ髪の毛はカラーやパーマもかかりにくくなりますので、その場しのぎのサラサラ感を得るためだけにシリコン入りのシャンプーを使うメリットはほとんどないのではないでしょうか。

ただし、だからといってノンシリコンなら安全かというと、100%そうとは言い切れません。

というのも、ノンシリコンシャンプーは髪の毛をさらさらにするために、シリコンに代わる成分が配合されていることもあるからです。

値段を安く提供できるということは、それだけ安く仕入れられる成分を使っているということ。

シリコン入りのシャンプーは、髪の毛本来のツヤや輝きを奪い、最終的にはスカスカのダメージヘアにしてしまう可能性が高いと言えます。

やはり美しい髪の毛、健康な頭皮を手に入れるためには、安心安全なノンシリコンシャンプーを選んだ方が良さそうです。

 

市販のシャンプーの危険性について:まとめ

市販シャンプー 成分

安くて使いやすい、市販のシャンプーの危険性について紹介しました。

市販のシャンプーは洗浄力が強すぎることから、頭皮を乾燥させたりフケやかゆみをもたらすなど、頭皮トラブルを招きやすいことが分かりました。

また、髪の毛そのもののダメージも悪化させる危険性があります。

本当の意味で健康な頭皮、きれいな髪の毛になるためにも、やはりシャンプーは値段だけでなく成分を重視して選ぶことをおすすめします。

「なぜ危険なのか」をしっかり理解すれば、安易に「安いから」という理由だけで市販のシャンプーを選ぶこともなくなるのではないでしょうか。