このページの先頭です

【AGA治療薬】ミノキシジルやプロペシアを徹底解説します!

123views

投稿日:

AGA(男性型脱毛症)の治療薬として日本でも用いられているものといえば、

  • ミノキシジル
  • プロペシア

があります。

どちらもAGA治療薬という点では同じなのですが、その仕組みや働きはまったくの別物。

それぞれの特徴を理解して、自分に合った治療薬を使うことが、AGA治療の第一歩でもあります。

「ミノキシジルとプロペシアって何が違うの?」

「どっちのほうが効果が高いの?」

AGA治療薬、ミノキシジルとプロペシアについて徹底解説していきます!

 

ミノキシジルについて

ミノキシジルのメリットデメリット

まずは、ミノキシジルから紹介していきましょう。

AGA治療薬として、もはや定番ともいえるのがミノキシジルです。

頭皮に塗布するタイプの外用薬と、内服薬の2種類があります。

今でこそ「AGA治療薬=ミノキシジル」という地位に君臨していますが、元々ミノキシジルはAGA治療のための薬ではありませんでした。

じゃあミノキシジルって何なの?と思った人もいるでしょう。

ミノキシジルは、高血圧のための血管拡張剤になります。

血管を広げて血液の流れを良くし、血圧を下げるための薬だったのですが、臨床実験で発毛効果が認められ、現在に至ったというわけです。

血流が改善することで毛母細胞に栄養が届くようになるため、髪の毛が育つという仕組み。

また、髪の毛を生やすために欠かせない「毛乳頭細胞」の増殖効果も認められています。

 

ミノキシジルの効果、メリット

ミノキシジルは、髪の毛の成長期を延長させ、休止期を短縮することで髪の毛を増やしていきます。

日本の厚生労働省やアメリカの食品医薬品局(FDA)など、多くの国で認可を受けている安全性の高い薬です。

ミノキシジルのメリットについてまとめてみました。

  • 厚生労働省の認可を受けている
  • 発毛効果、育毛効果が認められている
  • 女性も使える
  • 市販薬もある

気休めの薬ではなく、きちんと発毛効果や育毛効果が認められている点は、ミノキシジルの最大のメリットともいえるでしょう。

男性だけでなく薄毛に悩む女性も使うことができる上、頭皮に塗布するタイプの外用薬は、市販でも販売されています(リアップなど)。

市販薬より処方薬のほうが安心感や効果は高いですが、市販薬にもあると身近な感じがしますね。

 

ミノキシジルのデメリット

では、ミノキシジルにはどんなデメリットがあるのでしょうか。

  • 最初の1ヶ月ほどは髪の毛が抜ける
  • 効果の感じ方には個人差がある

ミノキシジルを使用すると、最初の1ヶ月ほどは髪の毛が生えるどころか抜けていってしまいます。

「逆効果じゃん!」なんて思うかもしれませんが、これはヘアサイクルが正常に戻りかけている証拠。

今まで乱れたヘアサイクルを一度リセットし、始めからやり直そうとしているのです。

薄毛で悩んでいる人が、髪の毛が抜けるとショックは大きいですが、そこでやめずに続けることが大切です。

 

プロペシアについて

プロペシアのメリットデメリット

続いて、プロペシアについて紹介します。

プロペシアも厚生労働省の認可を受けている薬なので、安心して使用してください。

プロペシアは、AGAの原因に対してアプローチをするタイプの薬。

AGAは男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)が原因で発症することが分かっていますが、プロペシアはジヒドロテストステロンを生成するときに必要な5αリダクターゼという酵素の働きを阻害します。

ジヒドロテストステロンを作らせないことで、AGAの進行を食い止めるのです。

プロペシアの有効成分はフィナステリドといい、こちらは外用薬はなく「内服薬のみ」となります。

 

プロペシアの効果、メリット

プロペシアの効果は、やはり薄毛の進行を食い止めることができる、という点でしょう。

AGAは一度発症すると、適切な対策をしない限りどんどん薄毛が進行してしまいます。

短期間でハゲてしまう人もいるんですよ。

薄毛は男性にとって切実な悩みですから、髪の毛が抜けなくなるというのは嬉しいですよね。

そんなプロペシアのメリットについてまとめてみました。

  • 厚生労働省の認可を受けている
  • 薄毛の進行を食い止める
  • 内服なので他人にAGA治療中とバレにくい

育毛剤や頭皮に塗布するタイプの外用薬を使っていると、いかにも「薄毛対策や治療をしている」感じがしますが、プロペシアなら内服なので他人にバレるリスクは低いです。

男性ホルモンに作用する薬なので、抜け毛が減ったことを比較的短期間で感じることができるでしょう。

 

プロペシアのデメリット

では、プロペシアにはどんなデメリットがあるのでしょうか。

  • 副作用のリスクが高い
  • 女性は使用不可

プロペシアの最大のデメリットは、副作用のリスクが高いこと

男性ホルモンに作用する(男性ホルモンを減らす)ので、性欲減退や男性機能の低下(EDなど)を引き起こす可能性があります。

もう子作りをする予定がないのならまだしも、これから結婚や子作りをするのであれば、この副作用は非常に厄介ですよね。

強い副作用が出たときには、必ず医師に相談し、量を減らすなどの処置をしていきましょう。

 

AGA治療薬:まとめ

AGA治療薬のメリットデメリット

AGA治療薬の、ミノキシジルとプロペシアについて紹介しました。

ミノキシジルとプロペシアを併用することで、2つの薬の相乗効果を得ることができますので、より発毛、育毛効果を感じることができるでしょう。

ただし副作用のリスクもあるため、自己判断で使用してはいけません。

ミノキシジルには市販薬もありますが、基本的には医師の処方が必要な薬であるため、使用には細心の注意を払ってください。

どちらもヘアサイクルの観点から、3ヶ月以上は継続しないと効果を感じることはできません。

年単位で、根気よく続けていくことが大切です。