このページの先頭です

ミノキシジルはAGAに効果的?効果や副作用を徹底解説します!

110views

投稿日:

AGA(男性型脱毛症)の治療薬として有名な、ミノキシジル。

医学的にも効果が認められており、厚生労働省の認可も受けているミノキシジルですが、一体なぜAGAに効果があるの?と気になった人もいるでしょう。

ここでは、日本でのAGA治療薬としては馴染みのあるミノキシジルについて、徹底的に調べてみたいと思います。

なぜミノキシジルがAGA治療に効果的なのか、また、ミノキシジルの副作用についても見ていきましょう。

AGA専門クリニックでミノキシジルを処方されたものの、効果や副作用が分からないと安心して使うことはできませんよね。

安心して使うためにも、効果や副作用について徹底解説していきます。

 

ミノキシジルの効果とは

ミノキシジルAGA治療薬

ミノキシジルは、そもそもAGA治療薬ではありませんでした。

本当は血管を拡張して高血圧を治療する薬として、アメリカが開発したもの。

高血圧治療のためにミノキシジルを内服していた人から「多毛」の症状が現れたことをきっかけに、研究が始められたのです。

その後ミノキシジルには発毛効果があることが分かり、日本でも厚生労働省の認可を受けるまでに至りました。

元々は高血圧の薬だったなんて、なんだか驚きですよね。

ミノキシジルには頭皮に直接塗る外用薬と、内服薬の2種類があります。

外用薬に関しては、「リアップ」などが市販でも売られていますね!

リアップのミノキシジル濃度は最高で5%までなので、もっと濃度の高いものを購入するためには、医師の処方が必須。

ミノキシジルの内服薬に関しては市販はなく、処方薬のみの取り扱いとなっています。

 

ミノキシジルの効果について

血圧を下げるためのミノキシジルで、なぜ髪の毛が生えるようになるのか気になりますよね?

ミノキシジルのAGAに対する効果には、

  • 毛包に働きかける
  • 血流を改善する
  •  

の2つが関係していると考えられています。

毛包というのは、頭皮の中で髪の毛を作り、育てる部位。

毛包がなければ、髪の毛は成長することができません。

抜け毛が気になるのなら、毛包を意識したケアをすることが重要なのです。

ミノキシジルは毛包に働きかけ、毛包細胞を活性化する働きがあります。

小さくなってしまった毛包を育てることで、ヘアサイクルを整える効果が期待できるでしょう。

2つ目は、ミノキシジルの本来の働きでもある血流改善効果。

血管を拡張するということは、必然的に血液の流れもスムーズになります。

血液がスムーズに流れることで血管にかかる圧を減らす(=血圧を下げる)ため、頭部の毛細血管を通じて毛包にも栄養分が届きやすくなるということ。

栄養分がきちんと行き渡るようになれば、髪の毛も育つようになりますね!

ミノキシジルには、この2つの効果、働きがあるため、AGA治療に効果的だと言われているのです。

ちなみに気になる発毛効果についてですが、ミノキシジルを使ったからと言って数日でAGAが改善することはありません。

あくまでも目安ではありますが、ミノキシジルを使い始めて4ヶ月後に1割程度の人が、7ヶ月後に6割程度の人が「中等度の改善」を実感したというデータがあります。

中等度の改善とは、薄くなった部分に「毛が生えてきたかな?」と感じる程度。

まだ満足のできる状態ではないものの、薬の効果を感じ始めることができていますね。

もちろん個人差はありますが、半年程度で何らかの変化を感じる人が多い、と覚えておきましょう。

やはりAGA治療は長期戦になりそうです。

 

ミノキシジルの副作用について

ミノキシジル副作用

では続いて、ミノキシジルの副作用について見ていきます。

ミノキシジルは比較的副作用の少ない薬として知られていますが、薬である以上副作用はゼロではありません。

あくまでも副作用が少ないというだけの話であり、副作用が出ることもあるので覚えておきましょう。

副作用は外用薬、内服薬で出方が異なりますので、それぞれについて紹介します。

 

ミノキシジル外用薬の副作用

リアップなどの直接頭皮に塗るタイプのミノキシジルでの副作用は、主に「頭皮のかゆみ」です。

血行が改善することでかゆみが出たり、成分が合わないためにかゆみが起こることも。

なんとなく「たかがかゆみ」と軽視してしまいがちですが、頭皮のかゆみは放っておくと頭皮の炎症を招き、余計に抜け毛を引き起こしてしまうこともあります。

かゆみが出て、ひどくなるようなときには必ず医師に相談しましょう。

 

ミノキシジル内服薬の副作用

ミノキシジル外用薬の副作用は、頭皮に症状が出るだけですが、内服薬の場合は違います。

内服薬は肝臓で吸収され、成分が血液とともに全身をめぐるため、副作用も全身に及ぶことがあります。

  • 動悸
  • めまい
  • 不整脈
  • むくみ

などが、ミノキシジル内服薬の副作用として出ることがあるようです。

AGAの薬だから副作用も頭皮だけ、というわけではないので気を付けなくてはなりませんね。

こちらも薬を飲んで「何か変だな」と感じたときには、必ず医師に相談するようにしてください。

 

ミノキシジルの効果と副作用について:まとめ

ミノキシジル効果

日本でのAGA治療における定番薬、ミノキシジルについて効果や副作用を紹介しました。

ミノキシジルは毛包を育てたり血流を良くすることで、発毛育毛を促進する効果のある薬です。

外用薬と内服薬があるので、自分のAGAの進行具合や状況に合わせて、適切なものを使いましょう。

効果の出方には個人差がありますが、なかなか効果が出ないからといって使用量を増やすなどは絶対にNG。

副作用のリスクが高くなってしまいます。

ミノキシジルは医師の指示通りに、継続して使うことが大切なのです。