このページの先頭です

毛根鞘(もうこんしょう)とは?抜くと毛が生えてこない?徹底解説します!

166views

投稿日:

髪の毛を抜いた(抜けた)とき、髪の毛の根元のほうに付いている半透明の物体。

あなたも一度くらいは見たことがあるでしょう。

あの半透明の物体は、毛根鞘(もうこんしょう)といいます。

「毛根鞘は何のためにあるのか?」

「抜けたらもう髪の毛は生えてこないの?」

「毛根鞘を食べる人がいるって本当?」

など、ここでは「毛根鞘」について徹底解説していきたいと思います。

 

毛根鞘の役割とは

毛根鞘の役割

まずは、毛根鞘の役割から見ていきましょう。

毛根鞘とは、毛根を収める鞘(さや)のことで、頭皮の中で髪の毛が抜けないようにつなぎ止める役割をしています。

言わば接着剤のようなものですね。

抜いた(抜けた)髪の毛の根元に毛根鞘がついているのは、頭皮に生えていた名残といっていいでしょう。

毛根鞘は毛根と頭皮をつなぎ止めるためのものなので、ついているのが普通です。

むしろ、毛根鞘のついている髪の毛ほど健康な証だとも言えるでしょう。

わざとじゃなくても、抜いてしまった髪の毛の多くに毛根鞘がついているのは、接着剤としての役割をしっかりと果たしていたという証拠です。

では、自然と抜けた髪の毛に毛根鞘がついていたとしたら、どうでしょうか。

なんとなく「抜け毛に毛根鞘がついているなんて、どこか悪いのかも」「このままハゲるのでは?」なんて心配になってしまいますよね。

 

しかし、安心してください。

 

抜け毛に毛根鞘がついていたからといって、特に問題はありません。

毛根鞘の働きが弱いからハゲるなんてことはなく、たまたまその髪の毛の毛根鞘が弱くなっていたというだけの話です。

ただし、抜け毛についていたのが毛根鞘ではなく皮脂であった場合には、注意が必要。

毛根に皮脂がついているということは、すなわち毛穴に皮脂が詰まっているということ。

毛根鞘と半透明ですが、皮脂は白いのですぐに見分けがつくと思います。

もしも根元についていたのが皮脂だったときには、できるだけ早くシャンプーの見直しなどを始めましょう。

毛穴につまるほど皮脂が多いのなら、頭皮環境が悪化して様々な頭皮トラブルを招くのは、もう時間の問題です。

頭皮環境が悪化したことで抜け毛が増えることもありますから、できるだけ早く対策を行ってみてください。

おすすめは、洗浄力がマイルドで皮脂を取りすぎることない、アミノ酸系洗浄成分のシャンプーを使うこと。

アミノ酸系シャンプーなら頭皮に必要な皮脂をとりすぎることもないので、皮脂が過剰分泌されるのを防ぐこともできるでしょう。

 

毛根鞘を抜くと毛が生えなくなるという噂の真相は?

毛根鞘が抜ける

数ある都市伝説の1つとして、

 

「毛根鞘を抜くと、そこからはもう二度と毛が生えなくなる」

 

というものがあります。

聞いたことのある人もいるかもしれませんね。

結論からいうと、これは全く根拠のないデタラメですのでご安心を。

なぜこのような都市伝説が生まれたのか分かりませんが、毛根鞘はあくまでも「髪の毛を守る」ためのものであり、「髪の毛を生やす作用」はありません。

毛というのは、毛乳頭(もうにゅうとう)と毛母細胞(もうぼさいぼう)があれば生えてきますから、たとえ毛根鞘が抜けても関係ないのです。

そのため、抜け毛に毛根鞘がついていても何の問題もありません。

毛根鞘は普段は頭皮の中にあって目に見えるものではないため、「普通ではないものが抜けた=危険」という認識から、このような都市伝説が生まれたものと思われます。

実際には毛根鞘が抜けても、他の髪の毛と同じようにまた新しい髪の毛が生えてくるはずですよ。

 

毛根鞘を食べる人について

もしかすると「え、嘘でしょ?」と思う人もいるかもしれませんが、 毛根鞘を食べる人もいます。

  • 髪の毛を抜くと安心する
  • 毛根鞘を見ると安心する
  • 毛根鞘を見ると食べたくなる

こんな人は、要注意。

それはもしかしたら、トリコチロマニアという病気かもしれません。

トリコチロマニアは強迫性障害の関連疾患の1つと言われており、自分で髪の毛を抜き、その毛根鞘を食べないと落ち着かなくなるという病気です。

無性に毛根鞘が食べたくなる人は、トリコチロマニアの可能性が高いと言えるでしょう。

医学的な観点から、毛根鞘を食べることそのものは、カラダに害のある行為ではないため特に問題はないそう。

しかし、「毛根鞘を食べる」というのは、普通ではあまり見かけることはないでしょう?

世間一般からすると「おかしなこと」「ありえないこと」ですから、他人から見ると「気持ち悪い」と思われてしまうことも。

大人になっても毛根鞘を食べるのがやめられないという人もいるようですが、できるだけ早く精神科や心療内科などを受診して治療をすることをおすすめします。

 

毛根鞘について:まとめ

毛根鞘と皮脂

髪の毛を抜いたときに根元についている半透明の物体、毛根鞘についてお話ししました。

毛根鞘はついているのが当たり前であり、健康な髪の毛の証拠でもありますので、ついていても何の問題もありません。

もちろん二度と毛が生えてこないなんてこともありませんから、安心してくださいね。

毛根鞘は髪の毛を守る部分であり、髪の毛と頭皮をつなぐ接着剤のようなもの。

毛根についているのが半透明なら毛根鞘ですが、白ければ皮脂ですから、そのときは適切な対策をするようにしてください。