このページの先頭です

【勘違い多発】ボタニカルとオーガニックって違うの?

114views

投稿日:

スカルプシャンプーや育毛シャンプーなどを見ていると、よく「ボタニカル」や「オーガニック」という文字を見かけます。

どちらも

  • 頭皮に優しそう
  • 刺激がなさそう
  • 髪の毛に良さそう

など、とにかく「良さそうなイメージ」がありますよね。

「ボタニカル」や「オーガニック」と聞くと、つい手にとってしまうという人もいるのではないでしょうか。

さて、そんなボタニカルとオーガニックですが、両者の違いをご存じですか?

 

  • なんとなく良さそうということは分かるけれど、何が違うのかは分からない
  • ボタニカルとオーガニックって、同じことじゃないの?

なんて思っている人もいるでしょう。

ここでは、知っているようで知らない知識として、ボタニカルとオーガニックの違いについて紹介していきます。

また、ボタニカルやオーガニックという言葉だけでなく、本当にいいシャンプー選びのポイントについても紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!

 

ボタニカルとは

ボタニカルの定義

まずはボタニカルから説明していきます。

ボタニカルというのは、日本語にすると

  • 植物の
  • 植物由来の

という意味になります。

植物をモチーフにしたファッションなどでは、「ボタニカル柄」なんて言うことがありますよね。

シャンプーなどで使われる「ボタニカル」は、植物成分や植物由来の成分を含んだものという見方ができるでしょう。

ただし、ボタニカルシャンプーという商品のすべてが植物由来の成分から作られているわけではありません。

シャンプーなどの場合は特に、100%植物由来の成分のみで作るのは難しいと言わざるを得ないのが現状。

そのため、どんなに良いシャンプーでも、植物由来の成分のみということはない、と思っていてください。

さらに注意してほしいのが、ボタニカルシャンプーには特別な定義はないということ。

どういうことかというと、極端な話、シャンプー全体の1%しか植物由来の成分を使っていなくても、ボタニカルシャンプーの名乗ることができるのです。

あたかも植物由来の成分をメインにしているような感じがしますが、実は1種類のみ、使用量もごくわずか…なんてことも。

ボタニカルという言葉が持つイメージを逆手にとった商法です。

なかなかに悪どい手段ですね。

こういう手法で売り出そうとしているボタニカルシャンプーは、使っているボタニカル成分以外は刺激の強い洗浄成分ばかりということもあるので、気を付けなくてはなりません。

 

オーガニックとは

オーガニックの定義

では、オーガニックとはどういう意味なのでしょうか。

オーガニックは、「有機栽培の」という意味があります。

シャンプーなどの場合は、化学肥料や化学農薬を使わずに育てた植物を使った、という意味合いになるでしょう。

オーガニックとは「植物の育て方」のことで、認定を受けるためには3年間化学肥料や化学農薬を使用しない農地で栽培する必要があります。

海外のオーガニック認定機関の検査をパスしたものも増えてきているため、オーガニックの基準についてはやや曖昧かもしれませんね。

ボタニカルと同様、「良さそう」なイメージがあることは確かでしょう。

ただしこちらも、オーガニックシャンプーと名乗るものは「オーガニック農法で生産した原材料(植物など)を使用したシャンプー」というだけで、具体的に全体の何%以上といった決まりはありません。

つまり、ボタニカルと同じでオーガニックも「オーガニック認定を受けた植物を1つ以上使っていればいい」のです。

たった1つオーガニック認定を受けたものを使っているだけでも「オーガニックシャンプー」と名乗れてしまうわけですから、こちらもオーガニックという言葉の響きに騙されてはいけませんね。

 

本当に良いシャンプー選びのポイント

さて、ボタニカルとオーガニックについて簡単に説明しましたが、実はシャンプーなどのヘアケアアイテムにおける両者の枠組みは、かなり曖昧だと言わざるを得ません。

なぜなら、オーガニックはボタニカルの一部という見方もできるからです。

確かにボタニカルは植物(由来の)成分のことですから、オーガニック農法で生産した植物はボタニカルの1つとも言えますよね。

そしてどちらも、使われている量や濃度に厳密な定義はありません。

ボタニカルだからいい、オーガニックだからいいと単純に見分けることはできないのです。

では、本当に良いシャンプーはどのようにして選んだらいいのでしょうか。

 

それはズバリ、成分に注目すること。

 

シャンプーの成分表を見れば、どんな成分が使われているシャンプーかはすぐに分かります。

シャンプーは配合量の多いものから先に記載するというルールがあるため、最初の方に書いてある成分ほどたくさん配合されていることになります。

水の次に書かれているのが洗浄成分なので、まずはこちらをチェックしましょう。

○○硫酸と書かれているものは、刺激や洗浄力が強すぎるので選ぶべきではありません。

いくつかの洗浄成分を混ぜているシャンプーも多いですから、5~6つ目くらいまで見てみてくださいね。

そのあとは、どんな植物成分が含まれているか?に注目します。

植物によって働きや期待できる効果は違いますが、炎症を抑える、保湿をするなどの効果があるものが多いです。

自分が今、頭皮のどんなことで悩んでいるのかをピックアップして、その悩みに良い働きをする植物を調べておきましょう。

そうすることで、あなたの悩みに特化した良いシャンプーを見つけやすくなりますよ。

 

ボタニカルとオーガニックの違いについて:まとめ

良いシャンプーの選び方

シャンプーなどのヘアケアアイテムにおける、ボタニカルとオーガニックの違いについてお話ししました。

どちらも植物を使っているという点では同じで、違いは「オーガニック農法かどうか」のみ。

ボタニカルやオーガニックはどちらも頭皮にとって良いものですが、イコール安全ではないので気を付けましょう。