このページの先頭です

【AGA治療薬】プロペシア(フィナステリド)の効果や副作用を解説します

130views

投稿日:

AGA(男性型脱毛症)の治療に使われている、プロペシア。

ネットを見ていると、プロペシア(フィナステリド)などと書かれているものも多く、

  • プロペシアとフィナステリドって違うの?
  • プロペシアの効果や副作用が知りたい!

などと思っている人もいるでしょう。

ここでは、AGA治療薬の1つプロペシア(フィナステリド)の効果や副作用について解説していきます。

プロペシアやフィナステリドが気になると言う人は、ぜひチェックしてみてください。

 

プロペシアとは

AGA治療薬

プロペシアというのは、アメリカのメルク社が販売している商品名です。

プロペシアとフィナステリドがこんがらがっている人もいると思うのですが、

  • プロペシア→商品名
  • フィナステリド→成分名

となります。

プロペシア(フィナステリド)と表記することが多いのは、プロペシアの有効成分がフィナステリドであるため。

元々は、メルク社で販売されていた「プロスカー」というフィナステリドを含む薬を引用していた人から多毛効果が得られたため、AGA治療向けに含有量を調節したのがプロペシアなのです。

日本でも臨床実験がなされ、2005年には厚生労働省の認可を受け、専門機関での販売が開始されました。

発毛効果のある内服薬としては、世界初の試みとなるプロペシアだけに、日本以外にも多くの国で承認を受けている非常にメジャーな薬。

フィナステリドの含有量が0.2mgと1.0mgのものがあります。

 

プロペシアの効果とは

プロペシアがなぜAGA治療に効果的なのかというと、プロペシアの有効成分であるフィナステリドに、男性ホルモンを抑制する作用があるため。

AGAは、テストステロンと5αリダクターゼという酵素が結び付き、ジヒドロテストステロン(DHT)になることで発症します。

フィナステリドは5αリダクターゼの作用を阻害し、テストステロンとの結合を防ぐことでジヒドロテストステロンを作らせない仕組み。

そのため

  • AGAの進行を遅らせる
  • 髪が抜けるのを防ぐ
  • 丈夫な髪の毛を生やす

などの効果が期待されています。

ジヒドロテストステロンによって乱れたヘアサイクルを元に戻し、髪の毛を正常に成長させていくわけです。

AGAの原因にアプローチをかける薬なので、AGAを食い止めることができるのは嬉しいですね。

 

プロペシアの副作用とは

プロペシアは薬であるため、副作用のリスクがあります。

とはいえ厚生労働省の認可を受けていますので、そこまで副作用を懸念しなくてもいいでしょう。

副作用の起こる確率は10%以下ですが、可能性はゼロではありません。

起こりうる副作用についてまとめてみました。

  • 性欲減退
  • ED
  • 頭痛
  • 腹痛
  • 下痢
  • 蕁麻疹

やはりこの中で気になるのは、性欲減退やEDではないでしょうか。

プロペシアはフィナステリドの働きによって「男性ホルモンの生成を抑制する」薬です。

そのため、男性ホルモンの働きが重要な性欲や男性機能の面において、副作用が出る危険性があるといえます。

確かに男性にとって、性欲減退やEDは死活問題。

特にこれから子供を作ろうと思っている人の場合、そのリスクは多大なものとなるでしょう。

とはいうものの、プロペシアで副作用が出るリスクはそこまで高くはありませんので、医師の処方通りに服用していれば問題はないのでないかと思います。

万が一気になる副作用が出たときには、必ず医師に相談をするようにしましょう。

 

プロペシアの注意点

プロペシア注意点

プロペシアには、服用に関する注意点もあります。

それは、女性は服用してはいけないということ。

特に妊娠中の女性は、絶対に飲んではいけません。

そもそもプロペシアは男性ホルモンに作用する薬であるため、女性には効果が期待できません。

女性の薄毛は女性に特化した薬を処方してもらいましょう。

なぜ妊娠中の女性は禁忌とされているのかというと、プロペシアによって胎児の生殖機能の発達に悪影響を及ぼすことがあるため。

赤ちゃんが障害を持ってしまう危険性があるので、使ってはいけないんですね。

プロペシアの成分は皮膚からも吸収されるので、触ることもNGです。

 

プロペシアの購入方法は?

プロペシアはAGA治療のために使われる薬であり、日本では処方薬のみの取り扱いとなっています。

そのため、ドラッグストアや薬局などでは買うことはできません。

プロペシアを購入するためには、AGA専門クリニックなどを受診して医師の診察を受け、その上で医師に処方してもらう流れが一般的。

日本人男性の多くがAGAで悩んでいるとはいえ、日本ではまだAGA治療は保険適用ではありません。

診察や処方に関しては、すべて自費での治療となります。

プロペシアは1ヶ月分で7,500円くらいであり、処方してもらうためには、この費用に診察代などがかかることもお忘れなく。

個人輸入という方法もありますが、品質の面からもあまりおすすめはできません。

きちんと医師の処方を受けて、プロペシアを購入するようにしましょう。

 

参考:薄毛、抜け毛専門のAGAクリニックに行くべき人ってどんな人?

 

プロペシアについて:まとめ

プロペシア効果

AGA治療薬の1つ、プロペシアの効果や副作用について紹介しました。

プロペシアは日本で認可を受けたAGA治療薬なので、安心して使うことができます。

AGAの原因でもある男性ホルモンに作用することで、AGAの原因物質を増やさない効果が期待されています。

みるみるうちに進行していくAGAを食い止めることができるのは、プロペシアの最大のメリットでしょう。

プロペシアは必ず医師の処方を受け、正しく服用するようにしてくださいね。