このページの先頭です

正しいシャンプーのやり方、詳しく教えます!

162views

投稿日:

抜け毛を抑制したり、フケやかゆみを抑えるためには、シャンプーの仕方が重要です。

とはいえ、シャンプーの仕方は誰かに教えてもらうものではなく、気づいたときには「一人でやっていた」というのが現実でしょう。

そのため、多くの人が正しいやり方ではなく、間違ったやり方でシャンプーをしているそうです。

頭皮のこと、髪の毛のことを考えるのなら、まずは正しいシャンプーのやり方を覚えましょう。

ここでは、正しいシャンプーのやり方を詳しく紹介していきます。

 

洗髪前に優しく頭皮マッサージ(ブラッシング)

シャンプーとブラッシング

いきなり髪を洗うのではなく、まずはブラッシングをして髪の毛についたホコリなどの汚れを落とします。

イメージとしては、前から後ろに向かってオールバックにする感じでとかしましょう。

ブラッシングをすることで頭皮の血行も良くなりますし、水の通り道ができるのでシャワーのお湯も馴染みやすくなります。

 

シャンプーを付ける前にお湯で洗い流す

シャンプーをする前にシャワーで髪の毛を濡らすと思いますが、どのくらいの時間行っていますか?

ただ髪の毛が濡れればいいと思っている人もいるようですが、ここでの「すすぎ」は非常に重要。

指の腹を使って頭皮や髪の毛を洗い流すことで、髪の毛の汚れのおよそ70~80%を落とすことができるのです。

シャンプーで汚れを取ると思っていた人からすると、衝撃ですよね。

シャンプーをしなくても、しっかりとお湯で流せば汚れのほとんどは落とすことができるのですから。

しっかりとお湯で流すことで、シャンプーが泡立ちやすくなったり、使うシャンプーの量が少なくすむというメリットもあります。

目安としては、最低でも1分半は洗い流すようにしてみましょう。

 

よく泡立ててから指、手のひら全体で揉みこむように洗う

頭皮ケアとシャンプー

シャンプーは、直接頭皮に乗せてはいけません。

必ず手のひらで泡立ててから使います。

いきなり頭皮にシャンプーを乗せると、泡立てるためにゴシゴシ擦ってしまいますよね?

この行為が髪の毛のキューティクルを傷めることに繋がるので、必ず手のひらで泡立ててから使いましょう。

泡立てたシャンプーで頭全体を覆うようにし、指の腹を使ってマッサージをするように洗っていきます。

爪は立てないように気を付けてください。

 

お湯の温度は38℃!

シャンプーのときに使うお湯の温度は、ぬるめの38℃に設定しましょう。

熱いお湯は頭皮のストレスになりますし、頭皮に必要な皮脂やうるおい成分まで洗い流してしまいます。

逆に38℃よりも低いと、皮脂や汚れを落とすことができません。

よく、顔を洗うときも「38℃くらいのぬるま湯で」と言うでしょう?

理由はどちらも同じで、38℃が一番お肌にとって優しい温度なのです。

熱いお湯で流すのが好きな人もいるでしょうが、ぜひ38℃に設定し直してほしいと思います。

 

すすぎ残しがないようにしっかり洗い流す

シャンプーをしたあとは、しっかりと洗い流さなくてはいけません。

すすぎはサーッとやって終わりという人も多いのですが、実はシャンプーの行程のうち、すすぎは最も重要なこと。

シャンプーの倍の時間をかけ、「もういいかな」と思ったところからさらに数分行うのが理想的です。

シャンプーの成分が頭皮に残ってしまうと、そこから雑菌が繁殖するなどトラブルの原因になってしまいます。

これでもか!というほど、念入りに洗い流してください。

 

しっかりタオルドライ&乾燥する

頭皮ケア 育毛

シャンプーが終わったら、タオルドライをします。

タオルでゴシゴシするのではなく、髪の毛を挟んでやさしくパンパンするイメージ。

髪の毛の水分を取っていきましょう。

濡れたまま放置すると雑菌が繁殖するだけでなく、キューティクルが剥がれやすくなっていることから、枕などと擦れてダメージヘアの原因になってしまいます。

タオルドライのあとは、間髪入れずにドライヤーで乾燥させたらシャンプーは終了です。

 

おまけ:シャワーヘッドは塩素を除去できるものに交換した方がいいの?

水道水に含まれている塩素は、肌や髪の毛に悪影響を与えることを平成10年に皮膚科医が実証しました。

塩素が髪の毛のタンパク質に付着し、キューティクルをごわつかせるというのです。

そのため、美容にこだわりたい人は、シャワーヘッドを塩素を除去できるタイプのものに交換する人も増えているのだとか。

シャワーヘッドを交換するときは、今使っているシャワーホースと合うか、メーカーや型番などをチェックしてから購入しましょう。

交換そのものは簡単なので、すぐに行うことができますよ。

興味のある人は、試してみてくださいね。

 

正しいシャンプーのやり方について:まとめ

正しいシャンプーのやり方

頭皮ケア、美髪の基本でもある正しいシャンプーのやり方について紹介しました。

正しいやり方で毎日シャンプーができている人は意外と少なく、シャンプーのやり方は習慣になっているので、なかなか見直すのも大変です。

しかし、頭皮ケアの基本は正しいシャンプー。

これをきっかけにシャンプーの仕方を見直し、正しいシャンプーのやり方を身につけていきましょう。