このページの先頭です

頭皮がくさい!気になる人の原因と対策とは

460views

投稿日:

ふとしたとき、自分の頭皮がモワーッとにおうことがあります。

頭皮がくさいと、とても気になってしまいますね。

シャンプーをしていないのなら頭皮がにおうのも分かりますが、シャンプーをしているにも関わらず頭皮がにおうのは、なぜなのでしょうか。

頭皮がくさいと気になるあなたの、原因と対策について見ていきましょう。

 

自分の頭皮のにおい、大丈夫?

頭皮がにおう

そもそもあなたは頭皮のにおい、大丈夫ですか?

意外と自分のにおいには鈍感であるため、本当はにおっているのにそのにおいに気づいていないこともあります。

普段から嗅ぎなれているにおいだからこそ、気がつかないのです。

まずは自分の頭皮のにおいを知りましょう。

  • 枕のにおいを嗅ぐ
  • 頭皮を指でこすって嗅ぐ
  • ドライヤーを後ろからかける

これらの方法で、自分の頭皮のにおいを知ることができます。

 

頭皮がくさい原因とは

頭皮がくさい原因

頭皮がくさくなるのは、皮脂が原因です。

実は頭皮にはTゾーンの2~3倍もの皮脂腺があり、全身の中でも皮脂が多い部位。

その多い皮脂が紫外線などによって酸化し、ノネナールという臭気成分を発生することで嫌なにおいを発しているのです。

しかし本来ならば、皮脂は頭皮にとって必要なもの。

頭皮のバリア機能を保ち、潤いを保つためのものなのです。

そのため、正常ならばにおいを発するほど皮脂が出ることはありません。

それなのになぜ、においを発するほどにまで皮脂が増えてしまうのでしょうか。

その原因はこの4つが考えられています。

 

①ホルモンバランスの乱れ

1つ目は、ホルモンバランスの乱れによるもの。

女性の場合は特に、ホルモンバランスの乱れという言葉を聞いたことがあるでしょう?

ホルモンバランスは健康に生きるためには欠かせないものですが、自分ではどうすることもできません。

生活習慣やストレスなど、些細なことでホルモンバランスは乱れてしまいます。

ホルモンバランスの乱れは皮脂の分泌以外にも様々な心身の不調をもたらしますから、日頃から体調管理には気をつけていきましょう。

 

②加齢

加齢によってにおいが発するのは、皮脂が原因とは限りません。

年齢とともに「加齢臭」がしますが、これは頭皮にもいえること。

ノネナールが発生することでにおいを発しています。

女性の場合は、加齢によって女性ホルモンの分泌が減り、男性ホルモンが優位になることもにおいの原因となります。

 

③シャンプーが合わない

あなたは普段、どんなシャンプーを使っていますか?

ドラッグストアなどで売られている安価なシャンプーを使っていると、皮脂をとりすぎてしまっている恐れがあります。

シャンプーの良さは洗浄成分で決まると言っても過言ではないのですが、安価なシャンプーは洗浄成分に高級アルコール系のものを使っています。

高級アルコール系シャンプーは洗浄力が強すぎるがゆえ、すっきりするのですが、皮脂まで落としすぎて乾燥させてしまいます。

「皮脂を取るならにおいは出ないでしょ?」と思うかもしれませんが、乾燥するとバリア機能が低下し、それを補うために過剰に皮脂が分泌。

皮脂の量が多くなれば、それだけにおいも発生する可能性が高くなりますよね。

安価な高級アルコール系シャンプーを使っている人は、洗浄成分のおだやかなアミノ酸系シャンプーに変えてみましょう。

皮脂を取りすぎることがなくなれば、皮脂の過剰な分泌も防げます。

 

④生乾き

シャンプーをしたあとにすぐに乾かさないと、頭皮に菌が繁殖してしまいます。

菌は湿っていて温かいところを好むので、濡れたままの頭皮は絶好の部位。

面倒くさい、時間がないと言っていないで、シャンプーのあとはすぐに乾かすようにしましょう。

生乾きの時間を作らないことで、頭皮のにおいも抑えられますよ。

 

頭皮のにおいの対策について

 頭皮のにおい対策

頭皮がくさくなる原因が分かったところで、続いては対策について見ていきましょう。

頭皮のにおいの対策として、有効なのはこちら。

  • 正しいシャンプー
  • きちんと乾かす
  • 生活習慣の改善

におい対策としてやはり見逃せないのは、正しいシャンプーについてでしょう。

シャンプーの選び方については先ほど触れたので省きますが、「シャンプーの仕方」も重要です。

シャワーの温度は38℃、シャンプーの前にブラッシング、念入りな予洗い、シャンプーを泡立てる、シャンプーの2倍の時間をかけてのすすぎ…。

あなたはきちんとできていますか?

ごしごしと擦ったり、爪を立てたりしないように気を付けましょう。

シャンプーの仕方は習慣になっているので、意識して行うことが大切です。

慣れるまでは「面倒くさいな」と思うかもしれませんが、におい対策のために徹底してくださいね。

また、生活習慣の改善も欠かせません。

皮脂の酸化を防ぐため、紫外線対策を徹底することを第一に考えましょう。

帽子をかぶる、日傘を使うなどして、紫外線を浴びないようにしたいですね。

もちろん食事や睡眠も大切なので、意識して改善していってください。

食事はタンパク質やビタミン、亜鉛などを含むバランスのよいもの、睡眠は6時間以上を心がけましょう。

生活習慣の改善は健康のためにも良いことなので、頭皮のにおい対策をきっかけに徹底してみるのもいいかもしれませんね。

 

頭皮がくさい原因と対策について:まとめ

頭皮がくさくなる原因と、その対策について紹介しました。

頭皮がくさくなる原因には様々なものがありますが、そのほとんどは日常的なことが引き金になっています。

普段何気なく行っていること、それがもしかしたら頭皮をくさくしているのかもしれません。

においが気になるとき、コロンや香水などでごまかすのはNG。

しっかりと原因を突き止め、それに合った対策をしていきましょう。