このページの先頭です

【AGA治療薬】個人輸入でミノキシジルを購入!その方法と違法性について

107views

投稿日:

男性型脱毛症、通称AGAに効果のある薬剤として、日本で認可されているものにミノキシジルがあります。

AGA治療に興味のある人なら、おそらく聞いたことはありますよね。

ミノキシジルには外用薬と内服薬の2種類があるのですが、吸収率の高さから内服薬のほうが効果が高いのだとか。

外用薬にはリアップなどの外用薬もありますし、ミノキシジルは安全性が高いことが伺えますね。

しかしその一方で、AGA治療は健康保険の対象外となるため、ミノキシジルの薬も非常に高価になるというデメリットも。

AGA治療は長期的に続けることで初めて効果がでるものですから、薬が高いのは気になるところですよね。

ミノキシジルは、基本的にはAGA専門クリニックなどで医師に処方してもらうこと、もしくは先ほど申したようにリアップなどの外用市販薬を購入することで手に入れることができます。

しかしそれ以外の方法として、「個人輸入」にて購入する方法も!

ここでは、ミノキシジルを少しでも安く買いたい人のために、個人輸入で購入する方法について紹介します。

ただし、危険性や違法性についても紹介しますので、自分で納得してから個人輸入するようにしてくださいね。

 

ミノキシジルを個人輸入するメリットとリスクとは

ミノキシジル 個人輸入

まずは、ミノキシジルを処方ではなくわざわざ個人輸入という方法で購入するメリットとそのリスクについてお話しします。

 

ミノキシジルを個人輸入するメリット

メリットとしては、

  • 通院しなくてすむ
  • 安く買える

この2つが挙げられます。

AGA専門クリニックなどでミノキシジルを処方してもらうためには、当然ながらクリニックに通わなければなりません。

そうなると、どうしても診察代なども加算されるわけですから、費用がかさんでしまいます。

しかし個人輸入ならば病院へは行かなくても良いので、それだけでも費用を抑えることができますね。

また、ミノキシジル(内服薬)そのものも、医師の処方の場合は1ヶ月分で6,000円~10,000円もしますが、個人輸入ならばミノキシジル5mg含有タイプの内服薬が100錠で3,000円前後。

この安さはかなりの魅力なので、個人輸入で買いたいと思うのでしょう。

 

ミノキシジルを個人輸入するリスク

安いことは魅力ですが、個人輸入をすることにはリスクもあります。

  • 偽物や粗悪品のリスクがある
  • 何があっても自己責任
  • 救済制度の対象外のこともある

海外から薬を購入するとき、もっとも危険なのは偽物や粗悪品のリスクがあるということ。

海外ではわりと普通に偽物が出回っているという話もありますし、パッケージを似せているのでパッと見では判断が難しいのです。

品質管理がどうなっているのかは、疑問が残るところでしょう。

また、医師の処方がないわけですから、何があってもすべて自己責任となります。

元々ミノキシジルは血圧を下げるための薬であるため、別の血圧の薬を飲んでいる人や心臓に疾患のある人などは、ミノキシジルは飲むべきではありません。

このような「飲むべきではない人」などの注意書きが個人輸入の場合は分かりにくかったり、説明書も英語で読めないなんてことも。

副作用が出たときも、救済制度の対象外となることもあるので気を付けましょう。

 

個人輸入のやり方は?

個人輸入のやり方

ミノキシジルを個人輸入で購入するためには、どうすればいいのでしょうか。

なんとなく面倒くさそうな響きではありますが、個人輸入は意外と簡単。

なぜなら、個人輸入代行業者を通してネットから購入すれば良いだけだからです。

私たちの感覚からすると、ふつうのネットショッピングと何の変わりもありません。

手続きなどは特にないので、個人輸入をすることそのものはとても簡単なので安心してください。

 

ミノキシジルを個人輸入する違法性は?

個人輸入の違法性

 

そもそも薬を、個人の判断で勝手に取り寄せてしまうことに、違法性はないのでしょうか。

日本では、AGA治療薬(ミノキシジル含む)は医療機関を通さなければ購入することはできません。

しかし、個人輸入することも可能ではあります。

なぜなら、たとえば日本に在住している外国人などがいつも飲んでいる薬が必要なとき、日本では取り扱いがないこともあるわけです。

そんなときのために個人輸入システムがあり、内服薬ならば2ヶ月分までは税関の確認なしで購入することが可能。

あくまでも個人輸入の対象は「日本に住む外国人」なので微妙ではありますが、個人輸入でミノキシジルを購入することそのものは違法性とは言えません。

個人輸入そのものは違法ではありませんが、個人輸入で購入したものを転売したり譲渡する行為は違法なので気をつけましょう。

ただし、完璧に薬事法に則って営業をしている個人輸入代行業者はほとんどない(0.1%程度)のが現状のようです。

 

ミノキシジルを個人輸入で購入するメリット、リスク、違法性について:まとめ

ミノキシジルの個人輸入 リスク

ミノキシジルを個人輸入することについて、紹介しました。

個人輸入にはメリットもありますが、リスクもあることを覚えておいてください。

もしものことがあっては取り返しがつきませんから、やはり多少高くなってもきちんとAGA専門クリニックにて処方してもらうことをおすすめします。