このページの先頭です

抜け毛・薄毛解消の為に!積極的に取り入れたい育毛成分と栄養素一覧

257views

投稿日:

抜け毛・薄毛の解消に効果的な育毛成分

オトギリソウエキス

オトギリソウエキスは、テリハボク科の多年草であるセイヨウオトギリソウやコゴメバオトギリソウなどから抽出されたエキスです。皮膚細胞の活性化や消炎効果を持つため頭皮環境の改善に役立ちます。さらに毛母細胞の増殖を促進する育毛効果も発揮する成分です。

ノコギリヤシ

薄毛や抜け毛原因の9割を占める「AGA(男性型脱毛症)」の原因物質である、ジヒドロテストステロンの生成を阻害する効果を持った成分です。したがってAGAの進行を抑制して薄毛や抜け毛を改善する効果を期待できます。

アミノ酸

頭皮環境に悪影響を及ぼさずに余計な皮脂や老廃物などの汚れを除去する効果を発揮する成分です。そのため、スカルプシャンプーなどの育毛シャンプーには基本的にアミノ酸が配合されています。

グリチルリチン酸

頭皮や毛穴に起きた炎症を抑制する効果を発揮します。そのため頭皮環境の乱れが原因で起きる薄毛や抜け毛の症状を改善できます。また頭皮環境が改善されることで、スカルプシャンプーなどの育毛シャンプーが頭皮に浸透しやすくなります。そのため育毛効果が十分に発揮されるというメリットがあります。

アデノシン

アデノシンとは核酸の一種のことです。髪の毛の元である毛母細胞の分裂を促進する成長因子「FGF-7」の生成量を増やす効果を発揮します。そのため体内のアデノシンの量を増やすことで育毛効果が得られます。

また様々な理由で毛周期が乱れることが原因で抜け毛が増える場合がありますが、アデノシンには毛周期を正常化する作用があるので薄毛の進行を防いだり抜け毛を減らす効果が得られます。このように薄毛や抜け毛対策に役立つ効果を数多く持つため、スカルプシャンプーなどの育毛シャンプーにも頻繁に配合されている成分です。

センブリエキス

センブリエキスは、リンドウ科のセンブリ(千振)という植物から抽出されたエキスです。抗炎症作用や血行促進作用を持つため、頭皮環境を改善したり髪の毛への栄養供給をサポートします。さらに毛乳頭細胞の増殖を促進する育毛効果も発揮します。このように薄毛や抜け毛対策に役立つ様々な効果を持つことで、スカルプシャンプーなどの育毛シャンプーにも配合されている成分です。

抜け毛・薄毛の解消に効果的な栄養素

ビオチン

ビオチンとはビタミンBの一種であり、皮膚機能の正常化やコラーゲンの生成促進などの効果を持ちます。したがって抜け毛を増やす原因である頭皮の炎症対策に役立つ栄養素です。さらに髪の毛の元になる毛母細胞を活性化する作用があるため、育毛促進にも高い効果を発揮します。卵黄の中に多く含まれていますが、卵白と一緒に摂取すると育毛効果が減少するので注意が必要です。

ビタミンA

ビタミンAは皮脂腺や汗腺に影響を与える栄養素なので、摂取することで老廃物の排出を促進するなど頭皮環境を健全な状態に保つ効果が得られます。そしてビタミンAが不足すると頭皮の乾燥や皮脂の過剰分泌と頭皮環境の悪化を招くので、薄毛や抜け毛の気になる方は十分に摂取することが大切です。ただし過剰摂取すると部分的な脱毛や頭皮の乾燥などの症状が現れるので、1日あたり800〜900マイクログラムの摂取量に抑えることが大切です。

ビタミンE

ビタミンEには血管を広げる作用があるので、頭皮の血行を促進することで髪の毛の成長に必要な栄養分や酸素などが十分に供給されるようにサポートする効果を発揮します。また活性酸素の影響による細胞の酸化が原因で薄毛や抜け毛が進行する場合がありますが、ビタミンEには強力な抗酸化作用があるため、活性酸素を除去して細胞の酸化を防いでくれます。

タンパク質

髪の毛の主成分はタンパク質なので、体内のタンパク質が不足していると育毛に役立つ様々な成分や栄養素を吸収しても十分な効果が得られません。そしてタンパク質には動物性と植物性の2種類があるので、両方をバランスよく摂取することが大切です。

亜鉛

亜鉛は髪の毛を構成する重要な成分であるケラチンの生成をサポートする栄養素です。体内の亜鉛が不足すると髪の毛の生成が上手くいかずに薄毛や抜け毛が進行するので、十分な量の亜鉛を摂取することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。