このページの先頭です

薄毛をケアしたい!育毛シャンプーのメリットとデメリットまとめ

223views

投稿日:

育毛シャンプーを使うメリット

頭皮に効果のある成分を配合

育毛シャンプーを使うメリットとしては、市販のシャンプーとは違って毛質にも良い成分が配合されていることです。市販のシャンプーは地肌の汚れを落とすだけですが、育毛シャンプーはさらに髪の毛の抜け毛を防いで頭皮環境を整えてくれます。

アミノ酸系のシャンプーで人気の高いスカルプシャンプーは、頭皮を保護する皮脂を適度に残して綺麗にしてくれます。スカルプシャンプーを使うことによって髪の毛と頭皮に優しい育毛シャンプーとして、頭皮環境を良くすることができるのです。

基本的には髪の毛を洗う時に、頭皮の汚れを落とすことは市販のシャンプーと育毛シャンプーは同じです。しかしスカルプシャンプーはただ汚れを落とすだけでなく、頭皮を綺麗な環境に整えてくれるので、頭皮の改善にも繋がります。

頭皮の環境を良くする

アミノ酸系のスカルプシャンプーは、頭皮の環境を良くする成分が配合されています。育毛シャンプーは洗浄力が強いアルコール系シャンプー、脂性の肌でもしっかりと汚れを落としてくれる石鹸系シャンプー、低刺激で栄養成分配合のアミノ酸系のシャンプーに分かれます。

アミノ酸系のスカルプシャンプーを使うことによって、毛質を改善することができることから、薄毛や切れ毛対策として効果が期待できます。また頭皮の汚れをしっかりと落としながらも、必要な皮脂は残してくれるので、頭皮環境を整える効果もあります。市販のシャンプーと比べても使い心地に違いを感じることができるので、毛質の違いを実感することができるはずです。

育毛サイクルを正常に戻せる

育毛シャンプーを使用することで頭皮環境を整えることができると、髪の毛の育毛サイクルも正常に戻ることができます。薄毛や抜け毛に悩んでいる人の多くは髪の毛の栄養が少なくて抜け毛になったり、抜けた後に髪の毛が生えにくい環境になっています。

育毛シャンプーで綺麗に汚れを洗い流すことによって、頭皮環境を整えて育毛サイクルを良くすることができるのです。育毛サイクルが正常に戻れば髪の毛も生えやすくなるので、薄毛対策や改善を期待する人にも満足することができるはずです。育毛サイクルを正常に戻すことによって、育毛効果のない育毛シャンプーでも、育毛対策として効果を期待することができるのです。

育毛シャンプーのデメリット

育毛効果が期待できない

育毛シャンプーのデメリットとしては、直接的な育毛効果が期待できないということです。実際に育毛シャンプーを使っても髪の毛が増えることがなければ、わざわざ高い育毛シャンプーを使う必要はありません。

育毛シャンプーを使う目的が頭皮環境を整えて、育毛サイクルを正常に戻したいと思っているのであれば、育毛シャンプーを使うメリットはあります。

しかし薄毛に悩んでいる人が髪の毛を増やすために頭皮環境を良くしようとするのであれば、育毛効果のない育毛シャンプーを使うのはデメリットと言えます。目的意識を持って使っているかによって、メリットにもなればデメリットにもなります。

人によって合わないシャンプーがある

育毛シャンプーを使う時は、体質によっては頭皮環境が悪くなってしまうこともあるので注意が必要です。乾燥肌の人が洗浄力の強いアルコール系シャンプーを使うと、頭皮が余計に乾燥しやすくなるので、フケやかゆみの症状が出てしまうこともあります。

頭皮は適度な皮脂が残っている方がいいのですが、全部の皮脂を取り除いてしまうと逆に頭皮には悪い環境となってしまいます。また脂性の人がアミノ酸系のシャンプーを使っても、皮脂を落としきれないので頭皮環境を改善することが難しくなります。

そのためずっと使い続けているのに何も効果が期待できないとなると、高い育毛シャンプーを使うことがムダになってしまいます。育毛シャンプーは人によっては合わないことがあるので、自分に最適な育毛シャンプーを選ばなければなりません。