このページの先頭です

なぜスカルプシャンプーが薄毛予防にお勧めか?その役割と効果

259views

投稿日:

髪が薄くなる人とならない人の違い

髪が薄くなる原因は大きく分けて3つあります。

1.遺伝

遺伝による薄毛の原因は全体の25%ほどと言われています。特に母方の遺伝によるところが大きいといわれておりますが、薄毛の原因となる5αリダクターゼの活性がある遺伝子は優性遺伝子というもので、どちらかの親がこれを持っていれば子供にも受け継がれてしまいます。

薄毛の原因の1つは男性ホルモン(テストステロン)が頭皮上で5αリダクターゼと交わりジヒドロテストステロンに変わることで起こるので、この5αリダクターゼの分泌量に個人差があり、薄毛になりやすい人なりにくい人が出てきます。

2.ストレス

体に様々な影響があるストレスですが、薄毛や抜け毛もその影響を受けやすい中のひとつです。ストレスは内臓機能を低下させますが、機能が低下するとたんぱく質の吸収率が悪くなり、毛髪に十分な栄養が行き届かなくなってしまいます。

さらにストレスは、アドレナリンも過剰に分必しますので、それにより、頭皮の皮脂汚れが過酸化脂質に変化し放置すると炎症を起こす原因となり毛根にダメージを与えてしまいます。

3.食事、生活習慣

髪の毛も栄養を受けて育っていくものなので、ビタミンやミネラル成分というものが大切になっていきます。髪の毛に良いとされている栄養素はたんぱく質、オメガ3脂肪酸、ビタミン各種、ミネラルです。それぞれに大切な役割があるのでバランスよく摂取することが重要です。また生活習慣においては、喫煙や睡眠不足、アルコールの摂取が髪に良くないとされており、これらを改善することも大切になっていきます。

育毛シャンプーの役割と効果

上記に記載した通り薄毛は様々な要因で起こりえますが、遺伝子は変えられませんし生活習慣を変えるというのも中々大変なものです。一番手っ取り早い対策は普段使っているシャンプーを見直すということはないでしょうか?

シャンプーの役割

シャンプーの役割は単に髪の毛の汚れを落とすだけではなく、頭皮の汚れを落とすということも含まれます。人間の頭皮には多くの皮脂腺があり、それを放置すれば毛穴がふさがり炎症など様々なトラブルが発生してしまいます。つまり、一番の役割は頭皮を健康な状態に保つために、皮脂の汚れを落とすことだと言えるでしょう。

育毛シャンプーの効果

育毛シャンプーはスカルプシャンプーとも言われており、名前の通りスカルプ=頭皮のケアを目的としたシャンプーです。スカルプシャンプーは、含まれている成分が髪や頭皮の栄養素となるアミノ酸系がメインとなっております。

主な成分としては、抗菌、殺菌、フケ、かゆみ防止に効果があると言われているピロクトンオラミンや消炎効果が高く、肌荒れやニキビ予防効果があると言われているグリチルリチン酸2K、角質溶解や軟化作用、皮膚上での雑菌の繁殖を防ぐ効果があると言われているサリチル酸などが含まれています。

つまり、通常のシャンプーに比べ頭皮に良いとされる成分が多く含まれているのです。ただ、1点気を付けなければいけないのは、あくまでも含まれている成分は育毛に直接働くものというわけではなく、頭皮の健康状態を保つことにより、薄毛や抜け毛予防ひいては育毛に繋がるということです。スカルプシャンプーの効果を過信することなく、その役割と効果をしっかりと認識し活用していくのがベストです。

なぜ育毛シャンプーが良いのか

上記の通り、育毛シャンプーには通常のシャンプーに比べ頭皮ケアに効果があります。もちろんシャンプーを変えたからといって必ず効果があるというわけではありませんが、まずは形から入るという意味でも最初のステップとしては取り組みやすく、日々同じようにシャンプーをし、頭を洗うという行為をするのであれば育毛シャンプーでの対策をお勧めします。