このページの先頭です

危険!!こんなシャンプーの成分は注意が必要です!

180views

投稿日:

「毎日シャンプーをしているけどフケが止まらない」

「いつも頭皮が油っぽい」

そんな悩みを抱えている人が、まだまだ多いようです。

もしかしたら、シャンプーに含まれる成分が関係しているかもしれません。

何気なく普段から使っているシャンプーですが、頭皮に直接触れるものなので成分チェックはしておきたいところです。

もし自分の頭皮にとって適さない洗浄成分が配合されたシャンプーを使っていたとしたら、効果が薄れるどころか逆効果にもなりかねません。

ぜひ、今お使いのシャンプーの成分表示をご確認のうえ、期待している効果と適合しているのかを、一度確認してみてください。

特に、頭皮コンディションを気にされている人が注目すべきところは、配合されている成分の分析です。

配合されている成分が頭皮に及ぼす影響性や、その特徴について調べてみました。

 

シャンプー剤の代表的な成分構成とは

シャンプーの成分

まず、シャンプーの中にはどのような成分で構成されているのかを見てみましょう。

そして、各成分がどのような影響を及ぼしているのかを、お伝えしていきます。

 

構成の半分以上を占めるのが水です。

主に精製水が使われています。

 

界面活性剤

洗浄を担う成分です。

水と油など、混ざり合うことのないものの間を取り持って、混ぜ合わせる役割があります。

そのような特徴を利用することで、皮脂や整髪料などの油分を落とすことができるのです。

よく知られている石鹸も界面活性剤の仲間になります。

界面活性剤にも多くの種類があり、その特徴や値段、人体に及ぼす影響はそれぞれ異なります。

特に、頭皮にとっては危険なものも存在しますが、気づかないまま使用していることが多々あるので、注意が必要です。

頭皮コンディションに必要な皮脂を取りすぎる、洗浄力の強い界面活性剤は、頭皮にとっては好ましくないと判断できます。

できるだけそのような危険性のある界面活性剤は、避けたほうが良いでしょう。

 

防腐剤

シャンプー剤に防腐剤は欠かすことができないものです。

人体に悪影響を及ぼすのではというイメージもありますが、実はけっこう大切なものなのです。

シャンプーの基材となるものが水なので、高温多湿な浴室環境の元では、雑菌に侵されるというリスクがあります。

そこで守ってくれるのが防腐剤というわけです。
防腐剤にも種類があり、パラベンに代表される合成防腐剤であったり、天然の成分を防腐剤の役割として使用しているものも存在します。

合成防腐剤は、防腐効果を高めれば高めるほどお肌への刺激は強くなりますが、長期の保存が可能となります。

近頃は、防腐剤の成分比率を下げて、できるだけ頭皮への影響を抑えるように考えられたものもあります。

お肌にやさしいのは天然成分だとされていますが、防腐剤としての機能は低くなります。

そのため、保存期間は短くなり、コスパの面では劣るというデメリットがあります。

さらに、特定の天然成分には効かない菌などもあり、広範囲に防腐剤としての力を持たせるため、多くの天然成分を組み合わせるなどしたシャンプーもあります。

そういったシャンプーは、アレルギーを持つ人にとっては、かえって危険だということもあります。

現段階では、どちらが良いという判断は難しそうです。

自分に合うものを取捨選択していくことになりそうです。

 

その他成分

その他として、香料や、シリコンなどのコンディショニング成分などが配合されています。

 

頭皮コンディションには好ましくない成分とは

シャンプーのよくない成分

界面活性剤や防腐剤には、頭皮の環境にとって悪影響をもたらすものも存在します。

シャンプーのボトルに成分表示を見れば書いてありますが、何も確認せずに使用すると、思わぬ落とし穴があるかもしれません。

どんな成分が危険なのかを調べてみました。

 

ラウリル硫酸Na

強力な洗浄力を持つ界面活性剤です。

原価が安く、安価なシャンプーによく使われていましたが、肌荒れの原因となることから使用されることは減っています。

泡立ちが良く、汚れを良く落としますが、皮脂を落とし過ぎることから、頭皮環境の面からは危険な成分といえます。

 

ラウレス硫酸Na

強力な洗浄力を持つ界面活性剤です。

ラウリル硫酸ナトリウムと比較して、頭皮への浸透力は若干弱くなりますが、同様に皮脂を落とし過ぎることから、頭皮環境の面からは危険な成分といえます。

 

オレフィン(C14-16)スルホン酸Na

強力な洗浄力を持つ界面活性剤です。

硫酸系のものに比べると若干刺激は弱まりますが、それでもまだ強いほうで、タンパク質変性作用もあります。

タンパク質変性作用とは、タンパク質で構成された体を持つ雑菌類を、変性作用を利用して殺すというものです。

ただ人間の皮膚もタンパク質でできているので、肌も荒れやすいということです。

頭皮環境の面からは危険な成分です。

 

ココイルサルコシンNa

頭皮にはやさしい成分とされるアミノ酸系界面活性剤のひとつです。

アミノ酸系の中では珍しく頭皮への刺激がやや強く、アレルギー性も高い部類に入ります。
洗浄力も高く、頭皮環境には危険な成分です。

 

BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)

酸化防止剤として使用されます。

アレルギーなどを引き起こすことがあります。発がん性の疑いもあり、好ましくありません。

ボディソープなどにも使用されることがありますので、注意が必要です。

 

安息香酸Na

防腐剤として使用されます。

ビタミンCとの結合で有毒なベンゼンに変わり、健康被害を及ぼします。

体内に入ると発がんのリスクが高まるといわれています。

口に入ることがなければそれほど気にすることもありませんので、頭の片隅に入れておく程度で良いかもしれません。

 

ステアルトリモニウムクロリド

静電気を防止する作用を持つ界面活性剤です。

髪の毛の柔軟性を持たせる役割があり、リンスやトリートメントにも配合されています。
刺激が強く、頭皮環境には危険な成分です。

 

パラベン

防腐剤として多くのシャンプーに配合されています。

アレルギーを引き起こす可能性がある化学成分であるとして、配合量の上限が1%と定められています。

ただ、研究が進み危険性は徐々に低くなってきているとされており、一部の人への影響に留まるようです。

アレルギー症状が出たときには、疑うもののひとつという程度で良いでしょう。

 

以上、頭皮にとっては、注意が必要なシャンプーの成分について調べてみました。
もしかしたら知らないうちに使っているかもしれません。
頭皮環境を良くしたいと思っている人は、シャンプーのボトルを確認してみてください。
そして、シャンプーを購入するときには、成分に注意してみることをおすすめいたします。