このページの先頭です

知っておこう!薄毛・抜け毛に効果的なシャンプーの選び方と洗い方

224views

投稿日:

頭皮に優しい育毛シャンプーを選ぼう

シャンプーの違いを理解することが大切

シャンプーは大きく分けて3つの系統に分類されます。

  • アルコール系シャンプー
  • 石鹸系シャンプー
  • アミノ酸系シャンプー

一般的にドラッグストアなどで売られているものの多くは、化学成分が使用されたアルコール系シャンプーになります。よく泡立っていい香りもし、使い心地がよく洗浄力もほどほどに高いので、毛穴の皮脂汚れもスッキリと洗えるのが特徴です。

安価な価格で売られているため、日常使いに重宝しているかたが多く見られますが、使用されている界面活性剤が汚れを除去するだけではなく、頭皮トラブルを引き起こす原因にもなりますので注意が必要です。

石鹸系シャンプーは洗浄力が高く、頭皮がべたつきやすいかたには使いやすい種類です。しかし、肌や頭皮が弱酸性なのに対してアルカリ性という性質上、肌の弱いかたが使用すると髪の毛が痛んでしまう可能性も少なくありません。

また、アルコール系シャンプーと比べるとしっとり感が不足し、乾燥しやすい傾向にあります。ただし、昨今ではシンプルで優しい天然成分で作られているものも多く、洗い心地がいいものも増えてきています。

一方のアミノ酸系シャンプーは、洗浄力こそ他の2種類に比べて劣ってしまうものの、頭皮に必要な潤いを残しつつ不要な皮脂のみを洗い落とし、頭皮と髪の毛をしっかりと保護できるものになります。

髪の毛の主成分もケラチンと呼ばれているアミノ酸の1種で、頭皮に優しく刺激の少ないシャンプーとして知られています。一般的に育毛シャンプーもアミノ酸系シャンプーが多く、毎日安心して使用できる種類です。比較的高価で店頭で扱っていないことも少なくありませんが、ネット通販で手軽に購入できます。

アミノ酸系でしっかりと育毛成分が入っているものを選ぶ

育毛シャンプーの使用目的と期待される効果は、頭皮環境を整えることにあります。石油系界面活性剤や着色料、香料などの余計な刺激物が入っていない頭皮に優しいアミノ酸系のスカルプシャンプーで、なおかつ毎日使用し続けて違いを実感できる育毛成分が配合されているものを使用するようにしてください。

育毛剤のような効果は望めませんが、乾燥から頭皮を守り血行を促進し、抜け毛を減らして薄毛の進行を食い止める成分も配合されています。スカルプシャンプーで対策をすれば髪の毛が増えるということはありませんが、頭皮という髪の毛を育てる土壌を潤すことが可能です。

  • 血行促進成分
  • 抗炎症成分
  • 保湿成分

薄毛改善にはこれらの成分がバランスよく配合されていることが基本になります。

  • 自身の頭皮環境に合っているか
  • 効果を得たい成分がきちんと配合されているか

その上で、この点をしっかりと見極めて選べば失敗は少なくなります。使い心地が確かめられるように、通販で初回返金保証が付いているスカルプシャンプーを購入すればなお安心です。

育毛対策ができる効果的なシャンプーの方法

正しいシャンプーの仕方を身に付けよう

育毛のために効果的なシャンプーを使用していても、正しい洗いかたが身に付いていなければ抜け毛を増やしてしまいます。

  • シャンプー前に丁寧にブラッシングを行う
  • お湯だけで予備洗いを念入りに行う
  • 泡立てたシャンプーで頭皮を洗う
  • 洗い残しが出ないように濯ぐ

まず、シャンプーを行う前にブラッシングをすることで表面の汚れを取り除き、髪の毛の絡みを解して抜け毛を防ぎます。その後、ぬるま湯で丁寧に予備洗いをして頭皮と髪の毛を洗浄しておくことで少量のシャンプーでもよく泡立つようになりますし、シャンプーの付けすぎを予防することが可能です。また、頭皮を温めて毛穴を開かせて汚れを落としやすくします。

その後、手でよく泡立てたシャンプーで指の腹でマッサージを行いながら頭皮を洗っていきます。毛穴から皮脂汚れを押し出すイメージで揉み洗いをしてください。頭皮全体を綺麗にしたら、シャンプーの泡を残さないようにしっかりとお湯で洗い流せば完了です。毎日行う習慣だからこそ、頭皮の健康をサポートするシャンプー方法が大切になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。