このページの先頭です

市販のシャンプーの特徴をまとめました

200views

投稿日:

毎日使うシャンプーは、スーパーやドラッグストアなどで購入している方が多いでしょう。

市販のシャンプーの中で、どれを購入するか決めている方もいるでしょうが、種類が多すぎるため、どれを選んだらよいのかわからず、これと決めずに目に付いたものを購入している方もいるでしょう。

私も近所のドラッグストアで購入していますが、いつも購入するシャンプーを手に取りながら他のシャンプーも気になって、つい目を止めてしまいます。

市販のシャンプーの中には、髪の毛には良くない成分を含んでいるものもあります。

ここでは、市販のシャンプーに含まれている成分で、注意した方が良いものについて紹介しています。

ぜひシャンプー選びの参考にしてください。

 

市販シャンプーの洗浄成分に要注意

市販シャンプー要注意成分

市販のシャンプーは、価格を抑えていますが、洗浄力が強いものが多いです。

価格を抑えるために石油系界面活性剤の「ラウリル硫酸Na」「ラウレス硫酸Na」という洗浄成分を主成分としている事が多いです。

この二つの成分は洗浄成分の中でも洗浄力が高いです。

洗浄力が強いため、頭皮や頭髪の汚れを取り除く効果は抜群ですが、頭皮の余計な皮脂だけではなく必要な皮脂までも洗い流してしまうため、頭皮や頭髪が乾燥気味になってしまいます。

乾燥気味になっているにもかかわらず、その後も継続して洗浄力の高いシャンプーを使っていくと、乾燥からかゆみを引き起こします。

さらに、髪の毛の乾燥や抜け毛の症状も出てきます。

最近は、ラウリル硫酸Naが皮膚への刺激が強すぎることから、ラウレス硫酸Naに変えているシャンプーが増えています。

ラウレス硫酸Naの方がラウリル硫酸Naに比べると体には優しいですが、頭皮や肌への負担が軽減する程ではなく、多少体に優しいという程度で、それほど大きな差はありません。

ラウレス硫酸Naに変えても、頭皮や肌には大きな負担となります。

 

市販シャンプーのシリコン成分に要注意

シャンプーのシリコン

市販のシャンプーの中には、シリコンが入っているものが多くあります。

シリコンは、髪の毛をコーティングする働きがあります。

そのため、シリコン入りのシャンプーを使うと髪の毛がコーティングされて、ツヤツヤに見えます。

ただし、髪の毛だけではなく、頭皮の毛穴もふさいでしまうことがあります。

毛穴がふさがれてしまうと、汚れや老廃物を取り除くことができない上に、毛穴に栄養分を送ることもできなくなってしまいます。

 

ノンシリコンシャンプーも要注意

最近は、シリコンの入っていないノンシリコンシャンプーの人気が高く、多くのノンシリコンシャンプーをスーパーやドラッグストアでも見かけます。

ただし、髪の毛の傷みが激しい人は、シリコンが入っていないシャンプーを使うと、髪の毛がきしみます。

髪の毛の水分が足りていない状態のため、ノンシリコンシャンプーを使うと、余計にパサついてきしむようになってしまいます。

髪の毛の状態が普通の方であれば、ノンシリコンシャンプーでも問題なく使ことができますが、髪のダメージが大きい方はノンシリコンシャンプーはおすすめできません。

 

市販シャンプーの選び方

市販シャンプーの選び方

市販のシャンプーは、スーパーやドラッグストア、ネット通販などいろいろな場所で購入することができます。

300円程度の低価格の物から、数千円のものまで価格帯も異なります。

高いから良い、安いから劣悪な商品ということはありません。

しかし、あまりにも安いものは、頭皮や頭髪に良くない成分が入っていることが多いです。

髪の毛や頭皮のことを考えて、使用を控えた方がいいでしょう。

自分に合った市販のシャンプーを選んで毎日使うことで、頭皮環境を整えて、発毛をするための土台作りをすることができます。

 

頭皮に最適な洗浄力で選ぶ

洗浄力の強い市販のシャンプーを使い続けていると、肌が弱い方は特に、乾燥が進んで肌トラブルが引き起こされやすいです。

そのため、アミノ酸系のシャンプーがおすすめです。

アミノ酸系であれば、ほかのシャンプーに比べて洗浄力がマイルドなため、肌トラブルが起きにくいです。

ただし、頭皮の皮脂が多くべたついているかたは、ある程度洗浄力のあるシャンプーのほうが良いです。

洗浄力が低すぎると、余計な皮脂を洗い流すことができずに、頭皮環境が悪化してしまいます。

頭皮がべたつき気味の方は、アミノ酸系のシャンプーを利用して、頭皮のべたつきが解消されない場合には、洗浄力のあるシャンプーに変更した方が良いです。

ヘアカラーやパーマをしていると頭皮が乾燥しがちです。

フケが出やすい方も頭皮が乾燥していることを意味しています。

このような方たちは、頭皮が乾燥しているので、洗浄力の低いシャンプーを選ぶと良いです。

自分の頭皮環境に合わせて市販のシャンプー選びをしましょう。

 

髪の毛のダメージがある場合はダメージ用を選ぶ

髪の毛がパサついていたり、ダメージがある場合には普通のシャンプーを使ってもダメージは改善されません。

ダメージ用シャンプーを選択しましょう。

普通のシャンプーに比べて髪の毛を保護したり、補修できる効果があります。

ダメージ用のシャンプーは普通のシャンプー以上に髪の毛を保湿する浄化のある成分や保護する成分が含まれていますし、乾燥を防ぐために油分も多めに含まれています。

ダメージが大きい髪の毛は、乾燥が進んでパサついていますが、ダメージ用のシャンプーを利用するとパサつきが軽減し、髪の毛が落ち着き、まとまりやすくなります。

 

市販のシャンプーの特徴・まとめ

市販シャンプーの特徴

シャンプーは毎日使うものだからこそ、自分の頭皮や頭髪に合っているかどうかを確認して、購入することが大切です。

市販のシャンプーの中には、価格の低さから洗浄力の強すぎる成分を含んでいるものもあります。

髪の毛が綺麗になって見た目的には良いですが、長く使い続けることで強い刺激に頭皮や頭髪が大きなダメージを受けてしまう可能性があります。

特に、石油系界面活性剤の「ラウリル硫酸Na」「ラウレス硫酸Na」を主成分として作っているシャンプーは避けた方が良いです。

市販の中でも高価なシャンプーを購入することが良いわけではありませんが、含まれている成分に危険なものは無いか、確認をしてから購入するようにしましょう。